文字サイズ 標準拡大

弁護士紹介・加藤悠史

加藤 悠史

プロフィール
2005年 京都大学法学部卒業
2007年 弁護士登録
愛知中小企業家同友会名古屋第2青年同友会所属
愛知県弁護士会憲法問題委員会、高齢者・障害者総合支援センター特別委員会(アイズ)

加藤悠史弁護士の重点取り扱い分野

1.中小企業分野
売掛金回収、労務問題、事業承継、税金等々、中小企業の経営は常に法律的なリスクにさらされています。そのため、紛争解決の専門家である弁護士等 のアドバイスを企業経営に活かすことが必要です。私自身、名古屋北法律事務所の中小企業チームに所属し、専門的に取り組んでいます。
2.高齢者・障害者分野
高齢者・障害者分野の法律問題では、本人の財産を適切に管理するにはどうしたらいいのかという共通した問題があります。私も、現在、いくつかの成年後見人を務めています。また、高齢化社会が進む中で相続対策も欠かせません。弁護士会の高齢者・障害者委員会にも所属しており、今後も研鑽に努めたいと考えています。
3.労働事件
労働事件は、派遣労働者の問題から過労死事件、解雇事件、残業代請求など本当に様々な事件があります。労働者あるいはその家族の生活に関わる深刻な事件も多く、弁護士としてのやりがいも感じています。

平和憲法を学び活動した高校時代。その頃の活動が弁護士としての原点です。

最初に将来の夢を弁護士と書いたのは、中学校の進路指導表だったのを覚えています。その頃は、漠然とサラリーマンにはなりたくないなぁと思っていました。その後、高校時代に愛知県高校生平和ゼミナールに所属して活動していましたが、そこで平和憲法を学び、原爆症認定訴訟(松谷訴訟)を取り組んでいる弁護士の姿を見て、弁護士になりたいと具体的に思い始めました。学生時代には、学生自治会の活動などを通じて、社会問題にも取り組む弁護士像に憧れ、この世界に入りました。

地元で恩返しがしたいと、名古屋で弁護士活動をスタート。

就職先として名古屋北法律事務所を選んだ理由は、高校生までは名古屋市熱田区で、学生時代を京都で過ごした後、地元で恩返しがしたいと思ったことがひとつ。多くの事務所が裁判所周辺に集中している中で、この事務所が地域にあり、地域に根ざした事務所だったこともあります。何より、修習生の時から青年法律家協会に所属して憲法擁護と基本的人権を守る活動をしていましたが、そういう活動ができる事務所だということが大きかったです。

弁護士という職業の良いところは仕事そのものが社会性を帯びていること。

弁護士になって良かったと思うことは、社会的な仕事に取り組めること、依頼者に感謝をされること、仕事の裁量があること、でしょうか。高齢者、労働事件、中小企業など、弁護士の仕事そのものが社会性を帯びているので、とてもやりがいがありますし、社会に対して何かしら情報発信ができることに喜びを感じています。こうした活動を応援してくれたり、依頼者から感謝されたりということも、やりがいにつながっています。

めざす弁護士像は、難しい理屈ではなくて、そこにある事実を大切にする弁護士。

難しい法律の勉強をしていると、どこか賢くなった気がして理屈が先行しがちですが、事実に根ざさなければ本質を見失ってしまいます。当事者の声に耳を傾け、社会の実態を出発点にすると同時に、背景にある社会構造にも目を向けられる弁護士でありたいと思っています。弁護士の力は些細なものですが、社会的に弱い立場の人たちと一緒にがんばりたいと思います。

がんばっている中小企業の経営者のみなさんをサポートしたい。

弁護士として重点を置いている分野は、「中小企業分野」です。現在の不況下で、中小企業は厳しい経営を迫られています。このような時代だからこそ、紛争を解決するための専門家のアドバイスが必要です。私自身も、愛知中小企業家同友会に所属し、中小企業経営について勉強させていただいています。そういった観点も生かして、法律問題にとどまらない経営におけるアドバイスも行っていきます。同友会の社長さんたちは “人を活かす経営”を理念に、社員が働きやすい環境をどう作るか、社員が幸せになるにはどうしたらいいかということを真剣に考えていらっしゃいます。個性的で魅力的な方が多く、私自身がいつも刺激をいただいています。そういう中小企業の社長さんを大切にできるような社会を作っていきたいですね。

リバプールをこよなく愛する“リバプールフリーク”です。

割と明るい性格で、落ち込んだりストレスを抱えたり、ということが少ないほうだと思いますが、ストレス発散のためには趣味を大切にしています。趣味はお酒を飲むことと、サッカーを観ること。プレミアリーグ・リバプールFCの大ファンで、この業界で僕以上にリバプールを好きな人は誰もいないと思っています(笑)。ひとつ難点があるのは、海外とは時差があること。サッカーのある日は、寝不足になりがちです。

加藤悠史弁護士が書いた記事

2016年10月28日
青年経営者全国交流会に参加しました
2014年11月12日
囲碁大会を行いました
2014年02月28日
中小企業と交通事故(3)−従業員が交通事故被害者の場合
2013年09月04日
中小企業と交通事故(1)
2013年07月09日
中小企業と金融商品取引被害(4)

一覧

その他の弁護士紹介

長谷川一裕

伊藤勤也

白川秀之

山内益恵

裵明玉

矢﨑暁子

新山直行

篠原宏二

このページの先頭へ